話している二人

WEBで管理する

会議の様子

スケジュール管理をシステム化しよう【J-MOTTO】

ストレスチェックなら【ダイヤルサービス株式会社】

情報共有ソフトの利用が増加しています

仕事をする上でスケジュール管理は非常に重要なものです。手帳に記載する人も多いですが、企業内では、WEB上でスケジュール管理を行う動きが増えています。仕事上のスケジュールは上司や同僚、部下といった人達にも関係するので、スケジュール管理を共有することによりメリットもでてきます。情報共有ソフトを活用すると、各々のスケジュール管理を関係部署の人が参照することができます。離席している場合、共有のスケジュールを見れば、外出なのか、会議中なのか、休憩なのかというように迷うことなく対応することが可能になります。ホワイトボードを利用する従来のスケジュール管理もいいですが、部署メンバーが多い場合は、情報共有ソフトを活用することをお勧めします。

連絡漏れなどをなくせます

情報共有ソフトを活用しスケジュール管理をした場合、様々な機能を利用することができます。例えば会議室の予約です。社員のスケジュールとともに、会議室の予約状況も管理できるので、同じシステムで対応することが可能です。会議の予約をする際に、出席者を同時に指定することも可能なので、出席依頼の連絡を省くことも可能になります。また、離席中に電話や来客があった場合、共有のスケジュールを確認すると同時に、コメントを記載することも可能です。後でメモ書きをするなどの二度手間にもなりませんし、連絡漏れもなくすことが可能です。WEB上でスケジュール管理をしているので、外出先からでもスケジュールの確認も可能で、またスケジュールを追加することも可能です。

経理の事務処理が大変な交通費精算の作業を効率化するシステムが有ります。社外で精算を行うことができるので現場の負担も減ります。

社員の方の労働
パソコンを見る社員たち

会社の総務の方は勤怠管理システムを利用することが多くなっています。パソコンや携帯電話やカードで社員の方の勤怠を管理しています。勤怠管理システムによって、出勤や退勤がすぐに分かりますので労働環境改善につながっています。

Read more

システムを導入
握手

社員の一人の勤務時間などを把握する事が可能なので、勤怠管理システムの導入を考えている会社や企業が増えています。会社や企業として、勤怠管理をしっかりと行う事ができれば、無駄なコストを発生させないですみます。

Read more

管理は給与が影響
会議の様子

勤務状況を確認するためのツールとしてかつては、手書きと印鑑による自己報告やタイムカードが当たり前となっていました。今でも、タイムカードを使っている企業はたくさんあります。

Read more